中古バス 観光×送迎×路線

中古のバスの選び方

中古バス,観光,送迎,路線

 

出来れば中古バスをリーズナブルな価格で買いたいけど、中古バスを買う際に何を目安にしてどう選ぶべきかよくわからないという人が多いでしょう。購入するバスが新品の状態であれば機能や、そして安全性に問題はないと言っても過言ではないですが、中古のバスとなるとメンテナンスをしっかりされているかどうかで変わってきます。

 

中古バスを選ぶ時の要点は、ワンオーナーの中古車であった方が年式が新しいという確率が高いですし、何より綺麗に扱って乗車している見込みがあるのです。ちなみにワンオーナーは、車を検証する際に一段目を拝見し、車を登録した年月、初年度の登録が一致していることをワンオーナーと言います。中古のバスを販売している売主が中古のバスをワンオーナーかどうか教えてくれなかった場合、ワンオーナーなのか確認しておくことは大事と言えます。

 

買い取りたい中古のバスが中古バスとして売りに出される前、一体どこの地域でどういう目的で使われていたのかチェックしておくこともポイントとなります。例えば、もしその買い取りたい中古のバスが売りに出される前、温泉地や海辺といった場所で使われていた場合、塩害によって見ただけではわからない老朽化が進行していることがあります。塩害とは、名前の通り塩分によって鉄、電気設備、コンクリート等の構造が害を受けてしまうことをいい、海沿いや温泉地などで塩害が起こることが多いのです。
ですから、中古でバスを選ぶ際、購入したいと思うバスがどこで使われていたのかチェックしておくことは大切となります。

 

 

他には、バスが以前レンタカーで使われていたケースも考えられます。もし購入したい中古バスがレンタルで使用されていたとなると、通常はレンタルで使用しているなら、メンテナンスをきちんとしていると考える方が多いかもしれませんが、実は修理にお金をあまり使いたくないというケチな会社も中にはありますので、もしそういったレンタカーの会社が中古バスを売りに出している場合、ちょっとした事故があっても修理をきちんとやらずにそのままレンタカーとして使っていた可能性が考えられるのです。

 

その場合、いくら外装、内装が綺麗に見えても、足回り、エンジンといった目に見えない箇所が故障していたり、目に見えない所だから異常があってもわからない場合もありますから、中古でバスを買う時は事故があったかどうか、修理したことがあるか等販売している業者に尋ねましょう。それで今後、バスの修理費用がどのくらい必要になってくるかを考慮することも大切と言えます。
見えにくい箇所(エンジン・トランスミッション等)を修理する場合、外装などよりも高い費用がかかりますから、まずは買う前に試乗させてもらい、ハンドルにぶれがあるかどうか、エンジン音が妙な音していないかチェックしておきましょう。